--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-09-27(Thu)

~歯茎の黒ずみを治す~

黒ずみはたちの悪いものを除けば治せます

* 治せる黒ずみ
喫煙によってメラニンが歯茎に沈着した黒ずみ。レーザー治療、薬剤で元のピンク色の歯茎に戻すことがあります。

* たちの悪い黒ずみ
金属イオンが歯茎の中に溶け出してしまった場合。これはかなり厳しいです。



<歯茎の黒ずみ予防方法>
金属製を使う事が必ず歯茎の黒ずみになる事はありません。金属の種類や治療前の虫歯の状態によっても違ってきます。

最近では、オールセラミックと呼ばれる金属を使用していない被せ物やファイバーポストと呼ばれる土台もよく使われるようになってきました。
金属アレルギー心配なし、本物志向、歯茎が黒ずむ事を防ぐことが出来ます。
ただし、黒ずみが出にくい金属などは、保険外の治療となることがほとんどなので慎重に考える必要があります。
スポンサーサイト
2007-09-27(Thu)

~ホームホワイトニングを考える~

ホームホワイトニングを考えると、、、

ホームホワイトニングはその名の通り、自宅で行うホワイトニングのことです。
その方法の一つとして今回は、
「歯科医師の指導のもとで行うホームホワイトニングについて」説明します。
ホームホワイトニングの効果はなんといっても、
☆自宅で歯のホワイトニングができること
です。ホワイトニング効果は
☆歯が白くなること
☆笑顔が輝き、性格まで明るくなること
ですので、歯はほんとに重要だということがわかります。
また、芸能人のように歯が白くなる事での影響は多大です。

ホームホワイトニングは歯科医師の指示のもとに行う治療法で、自宅で寝ている間に行なうことの出来る簡単な治療なのです。まず、自分の歯の形に合わせて薄くやわらかいマウスピースを作ります。次に、そのマウスピースにホワイトニングジェルを注入し、これを寝る前に歯(口)に装着します。つまり、寝ている間に薬剤を歯に作用させ歯を白くします。

ホームホワイトニングは通常2~4週間程度治療することで歯の白さを実感できます。ただ、効果については個人差があり、薬剤との関係などから効果があまり見られない方や、副作用が出ることもないとはいえません。したがって、信頼できる歯科医に診断してもらってからホワイトニング治療を行うようにするのが望ましいです。

信頼できる歯科医を見つける事は正直大変ですが、口コミサイトや友人などで経験した事ある方などから情報収集して慎重に
選びましょう。

「審美歯科」と検索すればたくさん出てくるかと思いますので
まずはお近くの歯科医を調べてみるとか、検索してページの一番上にくるような人気のあるホームページに行って見るとかすると知識武装ができます。「めんどくさい」と思わず、自身の事ですから時間をかけてじっくり選びましょう。

2007-09-27(Thu)

~アルジネートという隠れた存在~

アルジネートは、歯型をとるときに使われる材料です。
歯科業界用語で「歯型をとる」ことを「印象をとる」と言いますので、アルジネート印象材などと呼ばれます。
アルジネート印象材は審美歯科だけでなく、歯科業界で一般的に広くつかわれています。

2007-09-27(Thu)

~インプラントの気になる料金~

インプラント治療についてはなんと、保険がきかないため
費用面での検討が十二分に必要です。

一般的な値段はリーズナブルなのは3万円~10万円が相場になっています。
審美治療する歯の本数によっても変わってきます。

それでも口元(歯)の見た目のインパクトは前述したとおりで、インプラント治療を受ける人は近年、激増しています。

<インプラント>
人工歯根を手術的に顎骨に植えて、創治癒を待った後にその上に人工歯冠・上部構造をつける一連の治療をインプラント治療と呼び、ブリッジや入れ歯と違い天然歯の状態により近い機能・形態に戻す事ができ、また周囲の歯を削ったり、歯以外に負担をかける必要がない新しい治療法の一つ。
2007-09-27(Thu)

~インプラントで審美治療~

インプラントとは、あごの骨に金属を打ち込んで歯の代用をさせ、その上に歯の形をかたどったものを埋めることで、機能的にも審美的にも本来の歯と同じような役割を果たす擬似歯を作る技術です。
インプラントには当然手術が必要となり、治療費も治療期間もかかるため、慎重に治療する歯科医や治療時期を考える必要があります。


インプラントのメリットとしては、従来、両側の歯を削るブリッジという方法では、健康な歯を削ることで他の歯に負担がかかっていたことが、インプラント治療では、抜けた部分にのみ行う治療法なので、他の歯を削る必要がないということが大きなメリットといえます。

インプラントのもう一つのメリットは従来の「噛む力」を取り戻す事ができるといえます。以前の治療法では、見た目は変わらなくとも噛む力は元の歯の半分以下になってしまっていましたが、インプラント治療では、噛む力も再生できるというメリットがあります。また、インプラントでは、部分入れ歯などと異なり、違和感(メンテナンスや装着等)を解消できるというのもメリットもあります。


2007-09-27(Thu)

~歯列矯正と審美歯科~

歯列矯正(歯科矯正)とは、
歯並びを矯正して、綺麗な歯並びにする歯科治療法です。歯の真ん中に銀色の線が入っているようなもの見たことあると思います。だいたい歯茎に対して歯が多い方が歯を抜いて残りの歯を固めるために矯正を行っています。
歯並びが悪いと、歯が磨きにくくなって虫歯になりやすいだけでなく、口を開ける度に特に笑顔の際に歯並びがきになって自然な笑顔が作れないといったこともあります。審美歯科的な観点から考えても、歯列矯正は重要な歯科治療であるといえます。歯列矯正によってもたらされる効果は、歯並びの改善による口の中の環境の改善や、審美的な効果があげられます。

歯並びって結構印象に残ります。
ある調査では「初対面の人と会話する時、その人のどこに目がいくか?」といった質問に対して「口元」と答えた人が半数近くいたという報告があります。それほど、歯並びが人に対して与える影響は大きいようです。また、歯並びの悪さは自分自身でコンプレックスをもっている場合が多く、せっかくの笑顔が遠慮がちになってしまってはもったいないといえます。

子供の歯列矯正については、歯並びが悪く咬み合わせが上手くいかないと、身体的成長はもちろんの事、脳の働き、情緒形成、コミュニケーション能力にまで影響を与えてしまう可能性があるといわれています。野球などは解りやすいですが、ボールを打つ時は歯をくいしばって打ってます。力を入れるときにも歯は重要な役割を担っているのです。
歯列矯正用の器具をはめている子供を見かけたことはあると思いますが、歯列矯正は重大な歯科治療であるという認識が必要です。
2007-09-27(Thu)

~審美歯科とは(’’???~

審美歯科(しんびしか)というあまり聞きなれない言葉とは思いますが、意味がわかりますでしょうか?

審美歯科とは歯の美しさにスポットを当てた、総合的な歯科医療もしくは歯科治療のことです。

「「歯」で悩んでいる」と聞くと、歯周病や虫歯、歯並びの矯正等がまず思い浮かびますが、「綺麗で白い歯」だと人に与える印象は大きく変わってきます。

逆に「歯抜け」や「歯が全然ない」というのも印象を大きく悪く変えてしまいます。

それと
健康的な歯は他人の印象や本人の自信にもつながるとともにメンテナンス(歯磨き)にも意欲が沸きます。

ネガティブな後進的治療だけでなく、ポジティブな先進的治療で美しい歯を手に入れようという考え方が「審美歯科」なのです。

審美歯科では歯だけでなく、歯肉にも注目し、本来持つべき美しい笑顔を手に入れることを最終目標としています。

良く聞くようになった、ホワイトニングや歯科矯正も、実は「審美歯科」の一環です。



Google検索
Google


Add to Google
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。